Media

2016.11.20

SWITCHにてインタビュー掲載

switch%e6%af%9b%e5%b8%8311月20日発売「SWITCH VOL.34 NO.12」に小島ケイタニーラブによる『毛布の日』インタビューが掲載されました。
3月のアルバムリリース、ある子供からのファンレター、この一年のいろいろな経験の中で生まれた「毛布の日」。
気持ちの溢れるままに語りました。ぜひ読んでくださいね。(よければ毛布の中で!)

2016.11.18

NHKテキスト『みんなのうた』に楽譜など掲載

cxhwqmtw8auelbj11月18日発売のNHKテキスト『みんなのうた』に『毛布の日』の歌詞や楽譜、そして聴いてくれる皆さんへ向けたメッセージが掲載されました。
ぜひ御覧ください。(楽譜になるって嬉しい!)

2016.03.20

SWITCH4月号で10ページのロングインタビュー掲載

_A1S1262
3月20日発売の、小泉今日子さん表紙のSWITCH4月号、戌井昭人さんによる連載(写真・浅田政志さん)にて、な、なんと、小島ケイタニーラブのインタビューが8ページに渡って掲載されています。

言うなれば、小島ケイタニーラブの全てが詰まったインタビューと言っても過言ではありません。
幼少期のトラウマからはじまり、ミュージシャンとなるまでの壮絶な、戦い……。
笑いあり、笑いあり、笑いしかない……かもしれないインタビューとなっています。

ーーーーSWITCH INTERVIEWよりーーーーーーーー

「はい。しかし、そこで失敗をしてしまうのです」
「どのような?」
「学級委員が仕切る、学年朝礼というのがあるんですけど、その場で、ぼくは、ウンコを漏らすんです」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続きは、ぜひ、本誌をお買い求めください。

あれ、10ページと書いておきながら、2ページ足りないと思ったそこのあなた。
そんなことはありません!
8ページのインタビューの他に、曲が生まれた経緯を中心にアルバム制作秘話のインタビューが2ページ載っています。

とても濃い内容となってますので、ぜひぜひお手にとってみてください。

2016.01.09

小島ケイタニーラブ 初のスタジオ録音アルバムリリース決定!

小島アーティスト写真サイズ小
小島ケイタニーラブ3年半ぶりとなるアルバム「It’s a cry run.」のリリースが決定しました。 2016年3月20日に全国発売いたします。

詳細はこちら特設ページをご覧ください。
http://www.switch-pub.co.jp/keitaney/
PVや最新情報など、今後特設サイトにて随時お知らせいたします。

昨年から始まったレコーディングも大詰め。豪華ミュージシャンが参加した初のスタジオ録音アルバム、ぜひぜひご期待ください。

2016年も何卒よろしくお願いいたします。

2015.11.01

ミスタードーナッツ45周年CM「ドレミの歌」

9月1日から全国でON AIR中のミスタードーナッツ45周年CMにて小島ケイタニーラブが「ドレミの歌」を歌わせて頂きました。

https://www.misterdonut.jp/enjoy/tvcm/index_cm.html

映像は放映地域ごとにバージョンがあります。
ちなみに関東版はこちら。ぜひご覧ください。
スクリーンショット画像

2015.01.27radio

J-WAVE「atelier nova」でコヨーテON AIR & ラブナイトを紹介して頂きました!

1月24日、J-WAVEのクリス智子さんがナビゲーターを務める番組「atelier nova(アトリエ・ノヴァ)」にて、
小島ケイタニーラブ「コヨーテ」
がON AIRされました。

演奏・編曲は田中祐司(ex.くるり、WORLD STANDARD 、Bonobosなど)。制作は伊藤豊(イトウ音楽社)です。

この日の番組ゲストはラブナイトの発起人でもある、スイッチ・パブリッシング代表、編集長の新井敏記さん。
番組内では、ラブナイトの紹介もして頂きました。詳しくはこちらをどうぞ!

2015.01.11book

SWITCH 2015年1月号 掲載

掲載の様子

12/20(土)発売のSWITCH 2015年1月号に、ラブナイツ台湾紀行4ページ、掲載されています!
http://www.switch-store.net/SHOP/SW3301.html

『小島ケイタニーラブ「道はどこだ?」』
ラブナイト制作チーム”ラブナイツ”の小島・伊藤・朝岡の3人で旅をした記録です。
小島が台湾で出会ったミュージシャンや音楽にフォーカスし、伊藤が書き、朝岡が撮っています。
旅の様子の一部は11/11(火)のラブナイト 第七夜「ミス・リーディング・タイワン」(ゲスト:若木信吾、温又柔)でもお届けしましたが、また違った角度からのレポートになっています。是非ご覧になって下さい。

Keitaney on SNS

pagetop_button2